<油断しないで希望を持つ2>NO.493

 

3つ前のブログは私なりにこの1年半調べて考えてきたことをまとめて勇気を出して書きました。

ブログに書いていること以上の情報もたくさん得ていますが、私が書けること、そして今、本当により多くの人が知る必要なことは何なのか、考えながら今回も書きたいと思います。

 

<油断しないで希望を持つ>No.490

https://nakagawaayuki.com/?p=5504

 

まず、今が宇宙戦争中であることのお話を少し致します。

 

戦争というと、人類の古来からの歴史で考えるどこかの国と国を連想します。

また日本の戦国時代では、ある勢力と別の勢力同士の争いでした。

話はそれますが、「敵に塩を送る」や「武士の情け」などの行為や心情は日本人だけのようです。

これは日本人にしかない文化や歴史、そしてDNAにも関係しているということで、研究している詳しい方たちがいますよね、

 

今は、宇宙戦争中です。

どことどこの戦争かというと、

地球人の生命を脅かし宇宙ルールを大きく外れている宇宙人たちと

あまりに宇宙ルールに外れたのでこのままでは宇宙自体にも影響があるので介入して助けてくれている宇宙人さんたちの戦争です。

地球とどこかの星という単純な構図ではありません。

 

インターネットが発達して、UFOの映像はもちろんのこと、宇宙人に関する研究者や宇宙人との接触があった体験者の動画も見ることができます。

それが心に響くか腑に落ちるかは個人の5次元脳次第なので、万人に対して正しいかどうかは定かではありません。

それぞれが持つチャネリング能力や5次元脳を開花させて、よりピンとくるモノを掴んでいくしかないのです。

 

去年3月にトランプ大統領がアメリカのFRBを取り戻した!

という情報を得たとき、それがいかに重要なことかを肌で感じました。

火星が高揚のやぎ座にいておひつじ座の季節でした。

(火星がすごい仕事をした!って瞬間思いました(笑))

 

表では、2月より助走を着けていたコロナが、走り始めたころです。

去年4月~6月にかけて震度4以下の地震が5000回以上ありました。

多くの日本人は、日本列島はプレートの重なるところにあるから地震の日常茶飯事は仕方ないことと思っています。

しかし、この地震は自然ではないのです。

では何故に起きるのか、地下をお掃除しているというのです。

地下には私たちがずっと知らないでいた宇宙人の住処や施設が数多くあるということです。

 

ここでいう宇宙人はこれまで触れてきたレプテリアン(トカゲ系)と他の種もいるようで、人間を食す(特に子ども)存在です。

このことは古来から、神と呼ばれるものに(実は神ではない)生贄を捧げてきた、特に子どもや若い女性が犠牲になってきたことにも繋がります。

 

もう10年前くらいでしょうか、

ネットのマイナーなサイトで目にしたニュースがあります。

英国の○○女王がアボリジニの子ども50人をさらった証拠を掴んだ真面目な神父さんがいて、スイスの国際裁判所に○○女王を訴えた、というのをたまたま目にしました。

レプテリアンと英国王室の繋がりはもう15年前に知っていたので、「すごい」と思いつつ、この神父さんは消されてしまうだろう、と瞬間、悲しく思いました。

その後そのニュースを目にすることはありませんでした。

 

私のアンテナが私が納得するようにキャッチしていた情報の1つだったのだと思います。

それから約10年が経ちました。

地球には悪しき宇宙人たちが王室だけではなく、政治、経済、を操り、富(ゴールド)をせしめて来たのです。

 

いつからなのか、25000~27000年前くらいという情報が多いですが、もっと前からなのかもしれません。

私たちも他の動物の肉を食べます。

他の種の肉を食べていけないのなら、地球人は全員ヴィーガンにならないといけないのでしょうか・・・

そのことに関する考察は別途、書きたいと思っています。

 

今は、古来から人間の子どもをさらって食べる宇宙人が地下を拠点にいたということをまず認識してください。

日本からも年間、約13000人(私が目にした数字)子どもがさらわれていたということです。

(もちろん公開されている数字ではありません)

パリの地下から大量に見つかった人骨は写真で見ました。

アデレノクロムに関しては書きませんがこれらに興味がある方は調べてみてください。

 

日本もそうですが、世界の有数の大手企業のほとんどが利権で成り立っています。

日本銀行も、日本国民のための日本の銀行ではなくロスチャイルド傘下の銀行でした。

政治経済に興味がある方はこちらも調べてみてください。

 

なにがいいたいのかというと、真面目に働いて生きている私たちには想像もできない、仕組みがこの地球にはあったということです。

そしてそれは私たちの命を脅かすだけではなく、健康や生活の不安を常に抱えるようになっている仕組みだったのです。

 

「彼らはやりすぎた」・・・

 

ときどき、目にするトランプさんの言葉です。

そして宇宙軍(銀河連邦(銀河連合)、ハーモニー艦隊)が彼らをなんとかしようと今地球に来て、トランプ大統領とともに(プーチンさんと習近平さんも)戦ってくれているのです。

びっくりなのは、習近平とCCPは別なようです。

 

SF映画のようなことが起きているのですが、身近に確認できることは、日本全国を飛び回るヘリと雷です。

ヘリは宇宙軍に協力している軍隊の方たちです。

(一部の自衛隊も協力していると思います。都庁に自衛隊が駐留していた写真も目にしました)

 

一昨日は昼間、ヘリを3機見かけました。

ヘリに向かって敬礼しました!

 

そして雷ですが、音もなく雨も降らない雷を見ませんでしたか?

私は何度も見ました。

稲妻が走るというより、全体的に紫色に光ります。

これは「神の杖」と呼ばれるプラズマを使った兵器で、成層圏から地下に向けて発射しているのです。

宇宙人の地下施設の破壊は「神の杖」と実働部隊の爆破によるものでそれが地震の理由です。

また地下から救出された子どもたちの写真、動画も目にしました。

こちらも興味あるかたは調べてみてください。

 

アメリカの兵士とロシアの兵士が宇宙人との戦いにおいて殉職しました。

ロシアの兵士のことを述べている動画を見ていた私は涙ぐんでしまいました。

(こちらも動画で探すとあると思います)

また去年一時期、ホワイトハウスだったかさだかではないのですが主要な場所で、アメリカ国旗が半旗になっていて黒い旗も一緒に挙げられていました。

私たちのために地下で戦って死んでいった名もない兵士に感謝しかありません。

 

リアルな戦争とは別なところにいる私たちにとってこの戦争はどんな影響を及ぼしているのかというと、

それはずばりコロナです。

 

コロナなエクソソームという身体が環境適合しようとして排出する細胞の残渣物です。

しかしmRNA型ワクチンを打ってしまうと、最初のエクソソームに対応するようにはなっているようですが、別な適合状態が起きます。

その結果、ワクチンを打った人の方がPCRは陽性になってしまうようです。

 

ここで私たちが古来からずっと身近にあった「風邪」について考えてみます。

「風邪」引いたって、どういうこと???

風邪ひいても味覚障害でるし、熱もでるし、だるくなるし・・・

ひどくなると肺炎も起こすし・・・

え、それってマスゴミが言っているコロナと同じ症状じゃないですか!

 

インフルエンザは風邪のもっとひどいものという認識ですが、インフルエンザは何千種もあるので、大雑把にインフルA型とかインフルB型とかいってワクチンがありますが、インフルB型を打ってもインフルB型にかかる人がいるのはなんでですかぁ?

現在コロナの〇〇株ってたくさん出てきましたが、それならあってもおかしくないですよね、

 

ウィルスを純粋に分離した科学者は誰一人いないのです。

 

ここからは素人の考察なので間違っていたらごめんなさい。

コロナのワクチンによってインフルエンザと同じような現象になりつつあるのです。

ワクチンをうった人はスパイクタンパク質という最初のコロナとは違うエクソソームをばらまくのです。

エクソソームは細胞の残渣物ですから個人によって違うはずです。

インフルエンザと同じ何千種類もあるかもしれません。

そして環境適合に不要なタンパク質を排出しているのですから、自分に不要なものは同じ人間である別な人にも不要なことになります。

それが人に「伝染る」という現象です。

 

そこで免疫の強い人はそれらを受け付けないしそれらに勝っていくので、熱がでたり、だるくなったりしません。

お年寄りや基礎疾患がある人はやられてしまう可能性が高い・・・

もともとのコロナとはエクソソームなので滅多に人に伝染らなかった。

環境適合できない人が伝染るじゃなくて「なってしまった」だけだったのです。

だから薬もあるのです。
(アビガン、レムデシビル、リネジェロン、イベルメクチン?など)

 

私たちの戦争とは、コロナを煽る政治とマスゴミに対してです。

悪しき宇宙人の仕組みに強く繋がっている利権を持つ人たちとの戦いなのです。

 

医療関係や自衛隊の方はやむなくワクチンを打っている方が多くいます。

国民を護る立場の人を弱体化させたいのでしょう。

本当に嘆かわしいことです。

早く気密開示(デクラス)が来てメドベットで回復できるように願います。

それまでワクチンの副反応に負けない免疫を心がけて欲しいと思います。

ワクチンの毒を抜くのに松葉茶が良いそうです。

詳しい情報を発信している人も多数いるので探してみてください。

 

以下ツイッターから拾った世界で起きていることです。

 

地下をお掃除するのに最後に「水」が要るようです。

DS(ディープステーツ)カバール(悪魔崇拝者)はレプテリアン(悪しき宇宙人)と繋がっていて気象兵器を持っていました。

311はそれでやられました。

巨大台風もつくれます。

画像は先日、日本を襲うはずだったDSが仕掛けた台風8号です。

見事にハーモニー艦隊に真っ二つにされています。

 

 

こちらは世界の洪水です。

日本も熱海や出雲がやられました。

DSが起こした洪水と宇宙軍が地下掃除が終わったあとに流す「水」は違うようです。

宇宙軍は被害がないようにやってくれているそうですが、それでも地表に住む私たちにとっては何が起きたのか、驚愕します。

 

 

ただ今が戦争中だと思うしかありません。

 

そして身近な人ともワクチンに対する考え方の違いから分断も起きます。

分断、不安、そして恐怖、それらはみんなネガティブな宇宙人のご馳走なのです。

 

コロナに恐怖することはありません。

ワクチンを打ってしまった人も恐怖することはありません。

免疫を高めて、約26000年ぶりに変わる私たちの地球と人類のためにこの戦争に負けないように自分の好きなことを改めて探してみましょう。

日本人は静かですがもうマスクが不要だと気がついている人もいますよね、

私は駅まではマスクしていません。

 

世界の人々がマスクやワクチンパスポートに反対してデモをしています。

 

 

そして、レプテリアンは笑っている人には取り付けないそうですので!